株式会社渡久山設計

menu

PROJECT BLOG プロジェクトブログ

渡久山設計はSDGsを支持します。



渡久山設計は、国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」について、建築設計・監理、建築設備・電力設備・土木設備の設計・監理に関わる業務を中心に、新たに挑戦可能なテーマにおいて、積極的に取り組んでまいります。

■ 持続可能な開発目標 Sustainable Development Goals:SDGs
2015年9月、国連サミットにて「持続可能な開発目標(SDGs)」が全会一致で採択されました。2030年までに達成するべく、貧困や飢餓、エネルギー、気候変動等に関する17のゴールが宣言されています。

■ 弊社の取り組みとSDGsのつながり
私たちが行う設計業務は、経済・社会・環境・文化と密接に関わり、暮らしの安心・安全、地域の活性化と深く結びつく仕事ととなります。そうした設計活動が社会にもたらす多様性や豊饒性は、少なからずSDGsの理念に紐づきます。今後も、改めて17のゴールを意識しながら、その実現を目指すため、あらゆる分野との連携や総合的な努力が必要になると考えています。

■ 設計活動から広がる新たな取り組み
できることからコツコツと。直近の社会課題を解決すべく、これまで福祉の分野を中心に多くの皆様とつながりながら、設計活動を続けてまいりました。特に保育園設計では、だれもが平等に遊びを通して「心身の健康と人間力」を育み、既存の環境の良さを活かしながら「自然との共生」を図れる環境づくりを提案させていただき実現してきました。

■ とくやま設計の優しい建築~「木・育―MOKUIKU」プロジェクト

また、子どものための空間にこそ木の温もりや優しい肌触りが必要だと考え、「とくやま設計の優しい建築~木・育―MOKUIKU」プロジェクトを推進しています。建築は「人と自然をつなぐもの」として環境をデザインし、沖縄ならではの「木・育(もくいく)」を目指します。木のぬくもり、香り、感触は、子供たちに新しい世界を見せてくれることでしょう。さらに、沖縄県が掲げる「木材の利用に関する方針」にあります、木材を活用した公共建築物の整備による沖縄らしいまちなみ景観の形成、伝統的建築技術の伝承、木材利用を通じた循環型社会の実現へ向けて、積極的にその利用に努めていきたいと思っています。

■差別なくみなで支え合う~「チャンプルー福祉」拠点づくりプロジェクト

さらに、ソーシャルインクルージョンの実現を目指し、子どもたちや高齢者、障がいのある方もない方も差別なく地域と関わり合いながら、生き甲斐を見付けて豊かに暮らせる「地域の拠り所」となる施設づくりの具体策をモデル化し、行政や民間がともにより良いパートナーシップと協力の輪を広げながら、その実現へ向けた取り組みができるよう啓蒙・普及、ボランティア活動等に努めています。沖縄社会が抱える福祉や地域活性化の課題を解決する一助となるよう企画、建築、リノベーション等の環境整備に取り組みます。

■ 地域コミュニティの醸成「交流活動の活性化」を視野に設計


経済活動を支える多様な施設設計においては、地域資源となる自然や歴史、文化を礎に、地域コミュニティを醸成しやすい豊かな空間づくりに努め、今後ますます必要性が高まる「交流活動の活性化」を視野に入れた設計活動を目指しています。







■ 国内外の先進事例を学ぶ視察費や研修費を支援し、社員の技術向上やヒューマンスキルの向上をサポートしています。
社員が視野を広げ成長していけるよう人材への投資を経営方針の一つに掲げています。



2019年12月20日