株式会社渡久山設計

menu

ON GOING PROJECT現在進行中のプロジェクト

挑
出会い、はじまり、オアシスバンク

計画地一帯はマチナトコマーシャルエリアと呼ばれ、戦後いち早く商業施設が立ち並び経済発展を遂げた地域です。敷地は国道と県道が交差する地点にあり、今も歩行者が多く賑わう場所です。そこで地域の人々が自由に通り抜けでき、気軽に集えるよう敷地は囲わず開放し、道路に面して広場を設けました。広場の上部には「木漏れ日ルーフ」と名付けた大屋根をかけ、沖縄の強い日差しを遮り、風を招き入れ、自然に人が集まり憩えるよう計画しました。市民に開かれたコミュニティースペースとして一新することで、多様な交流が生まれ、新しい価値やビジネスを生み出せる「ひと」「地域」「社会」の発展につながるよう設計しています。

銀行機能がコンビニ化し、あえて銀行に行かなくても済む現代社会において、求められる銀行とは何か。新しい出会いや交流を広げ、地域を活性化させる「市民のサードプレイス」となるような居心地のよい空間をつくることで、“それでも行きたくなる”新しい銀行の在り方を提案し、銀行に用事のある人もない人も、だれもがそこに集い、人と人、人と自然が出会うことで生まれる感動から、一人ひとりにとっての新しい何かを見つけられる場所になればと思い、オアシスバンクを設計しました。オアシスバンクが新しいまちのシンボルとして、街並みの表情を一新し、人々の拠り所となり、銀行・地域が共に発展していくことを願っています。

オアシスバンクは、地域住民が自由に通り抜けられるよう、敷地は囲わず開放し、道路に面して広場や植栽帯を設け、気軽に集えるよう計画することで、人々の多様な出会いや、新しい営みの「はじまり」を想起できる開放的な空間を実現しています。暑さをしのぐ木陰の下、人々が涼風を感じて癒され、時には雨粒が落ちるのを楽しみながら憩える非日常は、一つの大屋根「木漏れ日ルーフ」によってもたらすことができました。また、建物の北東面カーテンウオールの上部に木漏れ日ルーフを架けることで、建物内部への日射を遮って冷房負荷を低減し、快適な執務空間を保つことができるよう設計しています。

木漏れ日ルーフは、薄く、穴開きの自由度の高い材料でデザインしたいと考え、県産の新素材HPC(ハイブリッドプレストレストコンクリート)を採用しました。鉄筋の代わりに炭素繊維を使ったHPCは、靭性のある薄い板状のしなやかなコンクリートパネルをつくることができ、自由に穴を開けることができます。圧迫感のある厚いコンクリートのイメージを払拭し、多様なデザインを開拓できる点は大きな魅力です。コンクリートでありながら鉄鋼やステンレスなどの金属素材と似た弾塑性域を持つことから、その変形特性を利用し、コンクリートでは不可能と思われていた形状にもチャレンジできます。

設計したパネルは厚み40mmと超薄型。1枚当たり2m×6m、全87枚のパネルを配し、長辺がおよそ40mある大屋根を架けた。パネル1枚に6個のインサートを埋め込み、上部梁には金物を用いて固定しています。大屋根の上部に梁やブレースを設けることで、見上げ面からは屋根とそれを支える柱のみが見える構造体の美しさを追求し、まるで浮いているような、薄くて軽やかな屋根から落ちる大小のランダムな光は、その下の「オアシス広場」に集う人々を優しく迎え入れるような非日常の空間をつくり出しています。

木漏れ日ルーフが包み込むこの場所から、多様な交流が生まれ、情報が発信され、「ひと」「地域」「社会」へとつながっていくことを願って。。。新しい価値やビジネスを生み出すことができる「市民に開かれたコミュニティースペース」は、新たな銀行理念にも通じ、それが感じられる建物になったと思います。

2018年4月04日
宮城 江利奈 Erina Miyagi
実務経験15年/建築士/設計・監理・デザイン担当

丁寧に、施主一人ひとりに合った建物(カタチ)を提案します。

投稿がありません。

遂
島の子どもへのレシピ 竹の子の森保育園

沖縄諸島の自然豊かな緑・光・日差し・風に寄り添う――

島の希望・未来あるこども達を育む豊かな環境づくりを心掛けました。「でん」は、登ったり、降りたり、隠れたり、覗いたり、こどもの為のヒ・ミ・ツの隠れ家。

こども達の多感な感性・好奇心を刺激し育みます。「屋上展望台」は、沖縄の綺麗な海を望め、園庭のこども達と会話できる場所。高い場所から俯瞰することは、こどもの視野を広げ、物事を客観的に捉える考え方を育みます。

「アマハジデッキ」は、夏の日差しを遮り、優しい風を取り込む場。雨の日でも屋外を駆け回れ、雨受けからの流れる雨音もこどもの好奇心をくすぐるでしょう。「丘のある園庭」は、木登りや、管くぐり、起伏のある丘を思いっきり駆け回れる園庭。体力の向上や意欲・気力など精神面も充実させてくれます。

2018年3月27日
平良和礼 Taira kazunori
実務経験10年/建築士/設計・監理・デザイン担当